こころの扉
 
9/20 急に思い立って佐倉市立美術館に行ってきました。
エントランスは、大正時代に建てられた旧川崎銀行佐倉支店。
千葉県指定有形文化財です。
いつの間にか修復も終わったようです。。。

c0244275_14335738.jpg

今回の収蔵作品展は、二人の女性作家が心の扉の内側にあるリアリティを、
独自の方法で表現した作品の紹介という一味違う作品展でした。

c0244275_13212552.jpg

清原啓子さんは31歳で夭折した銅版画家。
神秘的・耽美的で物語性にこだわったという、とてもち密な版画の世界でした。

倉本麻弓さんは睡眠中の夢を日記につづり、自作の小箱に再現した作品。
辛い現実から逃れる場所だった「夢のまち」が、現実世界を生きる勇気を与えてくれる場所となっていったとか...
無料の展覧会も終わり間近、誰もいない中でゆっくり・じっくり鑑賞できました。

c0244275_13211894.jpg


c0244275_1242340.jpg


この美術館は椅子も有名で、20世紀を代表する貴重な椅子に自由に座ることができます。
パネルに書かれた説明から少しだけ...

エッグ・チェア   アルネ・ ヤコブセン(デンマーク)
 体をすっぽり包み込み卵を思わせる形態からエッグと名づけられました。
c0244275_1322379.jpg

スリング・チェア    ル・コルビュジエ 他
 スチールパイプと仔牛の毛皮張り。
c0244275_13221849.jpg

グランコンフォール    ル・コルビュジエ 他
 グランコンフォールは大いなる快適という意。
c0244275_13225220.jpg

レッド・アンド・ブルー    リートフェルト (オランダ)
 組み木で構成の単純な形でありながら座り心地の良い椅子。
c0244275_13223797.jpg

ジグ・ザグ     リートフェルト 
 4枚の板で構成された椅子は単純で目を引きます。
c0244275_13224481.jpg

スモール・ダイヤモンド・チェア    ハリー・ベルトイア(イタリア)
 スチールワイヤーを網状に溶接しシェル型に作られた椅子。
c0244275_13225935.jpg

ダイニング・チェア    アルネ・ヤコブセン
 美術館内のカフェで実際に使用されています。。。
c0244275_1323612.jpg

カウチ & バルセロナ・チェア    ミース・ファン・デル・ローエ(ドイツ)
 奥のバルセロナ・チェアはバルセロナ世界博覧会で発表された代表作。
c0244275_13231441.jpg

あと一脚 見逃したのがあります... またの機会に

駐車場近くのお家に咲いていた白い彼岸花。
最近よく見かけるようになりました。。。清楚で美しい♪

c0244275_13232110.jpg

 
 
.
[PR]
by chai13526 | 2018-09-22 21:13 | おでかけ | Comments(0)
<< お彼岸 長い時を経て >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31