カテゴリ:本と映画( 31 )
ねこへの想い
 
 図書館の本を借りる時、一番に探すのは、
書架の横に置いてある返却本のワゴン。
係の方がそれぞれの分類に分けて棚に戻すため仮置してあるワゴンです。

どんな本が返却されているか見ると、インテリアでも手芸でも、
お料理でも、今の流行や好みがわかって面白いです。。。
たくさんの本の中から好みの1冊を探すのは時間がかかるけど、
ここから借りる本は当たりが多いです ^-^V

「田舎暮らしの猫」  デニス・オコナー著
   - トビー・ジャグと過した英国の四季 -

c0244275_18403172.jpg


子供向けのような気がして一度はワゴンに戻したけど、
ねこと英国の田舎の四季との組み合わせに心惹かれました。

大雪の日、まだ目も開かない瀕死の子ねこを、
古いコテージで暮らす先生が助けます。
トビー・ジャグと名付けられたねこが、英国の自然の中で、
成長していく物語です。
書くと簡単ですがハラハラドキドキ、おかしくて、可愛くて、
それでいて涙なしでは読めませんでした。

ねこっていいです。。。


c0244275_2083347.gif


 ちゃいが亡くなって一年たちますが、寂しさは埋まらず。
本気で次のねこちゃんお迎えするつもりで探していました。
(動物病院にお願いしたり、サイトを見たり)
でも年寄りの二人暮らしでは、ねこちゃんの一生に責任が持てなくて...
高齢ねこさんも考えたけど、すぐのお別れもつらいし、
相性もあるらしく...
私達が病気や認知症になったり、近い将来車の免許がなくなったら、
ねこを病院にも連れて行けないしね。
次を託せる人がいればと思いますが、
息子達それぞれ、家族にもアレルギーがあって(猫アレルギーや喘息も)、
小さい子供は命に関わることもあるらしく...
何度も考え無理に飼うことは出来ないという結論になりました。

c0244275_13485017.jpg

                    (うちに来た頃の幼いちゃい )

この本を読んでとてもとても慰められました〜
トビー・ジャグはメインクーンの血をひく魅力的な賢い可愛いねこです。
ちゃいも一緒。。。素晴らしいねこだったと再確認。
この本のおかげで前向きに、ちゃいの思い出と共に暮らしていける気がします。

猫好きさんにお薦め。。。 ^-^
続編もあるそうで、ぜひ翻訳してほしいです。
[PR]
by chai13526 | 2015-08-28 18:09 | 本と映画 | Comments(8)
読書三昧の夏
 
 残暑お見舞い申し上げます。

みなさまお元気でお過しでしょうか?
立秋の声を聞いて、ほんのわずかですが涼しさを感じる日もあり、
もうしばらくの我慢ですね。

私は猛暑の7・8月、読書三昧で過しています。
今日読み終えたのは、小川洋子さん著「猫を抱いて象と泳ぐ」です。
小川作品を読むのは「刺繍する少女」「注文の多い注文書」についで三冊目。
映画で見た「博士の愛した数式」もこの方の作品だとか。
どれも、とても不思議な物語。
しーんと静かで優しくて独特の世界が広がります。。。

「猫を抱いて象と泳ぐ」は ??? な題名にひかれるとともに、
表紙が素敵で手にとりました。。。

c0244275_15123649.jpg


チェスの世界に足を踏み入れて行く、孤独だけど不幸ではない小さい少年のお話です。
読み終えるのが惜しい、でも哀しいのに安らかな気持ち。。。
なにかとても大切なことを心に届けてくれる1冊になりました。
チェス、難しいのでしょうね。
ただのゲームだけでなく、精神的に奥深いものと知りました。

c0244275_15122747.jpg


私の父は囲碁をやっていたけど、囲碁の世界も同じように奥深さがあったのでしょう。
父から囲碁を習いたいと思ったのは結婚して遠く離れてから...
子供が生まれ、父も意外と早く亡くなったのでそのまま遠い過去に。
習っていたら父もどれだけうれしかったことでしょう。
そんなことを想う今年のお盆です。

 
 8月初めの猛暑日が続いた頃、
一番使うリビングのエアコンが効かなくなりました。
電気屋さんに行ったら取り付けまで1週間かかるそう... うぇ〜ん (泣)
暫くの間、10時半に家を出て、3時、4時までの一番暑い時間帯は図書館に入り浸り。
結果借りてくる本も多く読書三昧の夏となりました ^-^;
  
7・8月に読んだ文庫本です。
昔読んだ村上春樹さんの本の中で「羊をめぐる冒険」「ノルウェーの森」は好きな作品でした。
「ねじまき鳥クリニクル」はさっぱりついて行けず途中で挫折したので、
今回は頑張って「1Q84」の6冊、なんとか読破しました。

c0244275_19594997.jpg


他の本
「虹の岬の喫茶店」 森沢明夫
「うさぎパン」  瀧羽麻子
「左京区七夕通東入ル」  瀧羽麻子
「どこから行っても遠い町」 川上弘美
「幻想郵便局」 掘川アサコ

c0244275_18145456.jpg

 
 
 
 
 
 
. 
[PR]
by chai13526 | 2015-08-15 16:43 | 本と映画 | Comments(2)
富士山
  
 今年の富士山
 
4日、暮れから来ていた長男を送って行く途中、
利根川の土手から見る今年の初富士は、雪で真っ白。。。

へっぽこカメラではうっすらとしか写らず。

c0244275_122551.jpg

           ここ ↑ 見えますか ?


暮れ、忙しいのに借りて来たDVD4本...
返却するため大急ぎで見ました〜

「パンとスープとネコ日和 」 1と2
群ようこさん原作、出演も小林聡美さん、もたいまさこさんなど、
かもめ食堂と似ている。。。かもめファンにお薦め !
私の好きなゆる~い映画です。

「食堂かたつむり」
柴咲コウさんと余貴美子さん演じる母娘のお話です。
漫画っぽく見ていたら、いつの間にか涙が...
食べ物は大切に食べなくてはいけませんね。
原作はつるかめ助産院の作者、小川 糸さん

「ハーメルン」
福島県奥会津の解体される古い小学校の校舎で撮影された作品。
私が小4まで通った田舎の小学校を思い出します。
美しい映像が、しみじみと心に残る作品です。
西島秀俊さん、倍賞千恵子さん。

どれもなかなか面白かったです〜


c0244275_15142859.gif


庭はまだバラの剪定、誘引が待っています。
これは昨日の空。。。
今日は曇り時々雨。
寒そうで...

c0244275_14592527.jpg

[PR]
by chai13526 | 2015-01-06 15:12 | 本と映画 | Comments(2)
リサイクル図書
 
 先週、図書館で不用本のリサイクルがありました〜 ^-^

今回もらってきた本です。

図書館の廃棄本 4冊。寄贈本 10冊。
寄贈本はシールも貼ってないしきれいです〜
一人15冊まで持ち帰れます。。。

c0244275_190540.jpg


「アァルトの椅子とジャムティー」
堀井和子 著  KKベストセラーズ発行。

堀井さんの本は、なぜか気になり図書館で見つけると借りていたのでうれしい !
うんうん。。。と読んでいて気持ちにすとんと落ちるのがうれしい。

「フェーヴ」
磯谷佳江 著  二見書房。
お菓子の中のフェーブ。。。
集めてないけどすごく気になっていました。
古いもの(1870年代)から、現代のものまでたくさんのっています。
これからゆっくり見るのがお楽しみ〜 ^-^ ♪

c0244275_1902493.jpg


「にゃおにゃおニット」かわいい編み込み。
松田恭子 著  文化出版局発行。

棒針は苦手なので編むことは出来ないけど、見てると目尻がさがります ^-^

c0244275_191765.jpg

c0244275_1922030.jpg

ところどころに出てくるねこちゃん写真にめろめろ。。。

c0244275_1924079.jpg

c0244275_1915817.jpg


注)  写真掲載、不都合であれば消去しますのでお知らせ下さい  <(_ _)>
[PR]
by chai13526 | 2014-11-22 21:13 | 本と映画 | Comments(0)
赤毛のアンのこと
 
 朝ドラの「花子とアン」が終わりました。
次のアンシリーズの翻訳に向けて、
ひたむきに進んでいく花子さん、素敵でしたね。。。


c0244275_2251341.gif



私がアンを読んだのは高校生、遅いデビューです。
児童書の「赤毛のアン」は、あまり魅力的ではなくて避けていたかも...
高校二年の時、一緒のクラスになった文学少女のmさんの薦めでシリーズを読み始め、たちまちアンの世界に引き込まれてしまいました〜

我が家のアンシリーズ10冊を買ったのは、妊娠してつわりがひどい時でしたが、
アンのおかげで穏やかなやさしい気持ちで過せたような。。。
その長男も早40才 ^-^;

三回目を読んだのは、子供たちが学校にあがり仕事を始めた頃。
暇がないとよけい読みたくなるのはなぜ ?
通勤帰りのバスの中、酔って気持ちが悪くなりながら...

c0244275_16501828.jpg


そしてそろそろ四回目と思うものの、老眼がはじまり、
昔の本は字が小さくて、なかなか...
そんな時の「花子とアン」のドラマ。
早速読みたくなりました ♪

手に入れて六回の引っ越しに捨てもせず、全巻揃っています。
今日はきれいに拭いて虫干ししました。
村岡花子さんが書かれているあとがきも、すっかり忘れているので楽しみです。
さあ、頑張ってトライしましょうか〜 ♪

夢中で読んだもう一つのシリーズは、
沢木耕太郎さんの「深夜特急」
海外旅行が流行りはじめる頃だったでしょうか...
面白くてワクワクしながら、何度も読み返しました。

c0244275_16504051.jpg


アンシリーズが終わったら読めるかな。。。
こちらは字が大きいので読みやすいですが、
あの頃と世界の様子がすっかり変わってしまった今、
読後どのように感じるでしょうか...

More 昭和
[PR]
by chai13526 | 2014-09-28 16:48 | 本と映画 | Comments(4)
いろいろ

 また市立図書館で不用本のリサイクルがありました。
一人18冊まで持ち帰り出来ます ♪
年に何度かあるので楽しみに出かけます。

夏休み前なので、子供の本の入れ替えがあったのかな ?
絵本がたくさんでていました。
いい歳をして絵本すきなんです。。。
孫世代の子供たちに混じり、真剣に絵本を探しました ^-^;

息子達が小さい頃は、寝る前に一人一冊ずつ好きな本を読んであげていました。
だんだん短い本になり、その内3人で一冊になり、いつの間にか消えました。
子供たちは覚えているでしょうか...
振り返ると、それは親にとっても大切な時間だった気がします。

今回持ち帰った本。
こんどは孫達と一緒に読めるかな ?

c0244275_14335330.jpg


アンブリッジローズが咲きました〜
小さく咲いても素敵なバラです。
淡いピンクに退色していくと、もっと素敵で愛おしくなります。

c0244275_2252875.jpg


メドーセージとヤマホロシですごいことになっていたので、
少し整理しま...してもらいました〜 ^-^;

c0244275_1522424.jpg


ちゃいぱぱが捨てるという小ぶりで曲がってしまったスコップも、
飾りになるかな〜 !

c0244275_2232986.jpg


とりとめないことをいろいろですが...

こちらは萌黄の村の手仕事のお店で購入。
銅の小さな器 ♪
千日紅のドライと。
野イバラのあおい実とも合うかな〜

c0244275_11581083.jpg


暑いですね !
水分取り過ぎてお腹の調子がいまいち、、、、、
油物もダメで、お粥に梅干しで元気が出ないわ〜

夏、まだまだ長いのでみなさまも体調に気をつけてくださいね。
[PR]
by chai13526 | 2013-07-26 13:00 | 本と映画 | Comments(2)
ちょっぴりうれしいこと !

 煙霧という言葉を知った今日の強い風。
寒冷前線の通過で強い南寄りと北寄りの風が吹き、地表付近のほこりが巻き上げられ煙のようにかすんで視界不良となる気象現象だそうです。
このあたりでも薄暗くなり地震か竜巻でも起りそうな感じになりました。
環境は確実に悪化していて、どうなるのかな地球 !

そんな今日のちょっぴりうれしいことは ♪
c0244275_22315050.jpg

桜桃の開花です〜 昨年より12日も早くてびっくり。
大豊作の次の年はさすがに花が少なくて、サクランボジャム期待出来そうもありませんね ^-^;
c0244275_22393394.jpg

c0244275_22494110.jpg

そしてもう一つうれしいのは・・・
二月にお休みして作っていたものが届いたのです。

「風吹く〜ねこ庭」の写真を文庫本にしました。
c0244275_23044.jpg

ここ一、二年の写真を中心に過去に消えた花も思い出に加えたりしながら...
最初は72ページのつもりが96ページになりましたが、それでも載せられない花がいくつも。
簡単ではまりそうです ^-^
c0244275_230318.jpg


こちらを利用しました。
http://www.photoback.jp/about/bunko/index.aspx
[PR]
by chai13526 | 2013-03-10 23:28 | 本と映画 | Comments(4)
いのちのスープ
 
 見逃した映画があります。天のしずく "いのちのスープ"
料理家の辰巳芳子さんのドキュメンタリーです。
機会があれば是非みたいと思っています。

先日、今日の料理の再放送で辰巳さんのねぎのスープをやっていました。
丁寧に時間をかけて作られたねぎのヴルーテは美しくとてもおいしそう。
まさに愛情のこもった、命を育むスープの基。

その時インタビューされてる後ろに見えたもの 。。。
早速庭から採って来て飾ってみました。

c0244275_1374933.jpg

シロヤマブキの黒い実だけのシンプルな美しさが辰巳さんに重なり印象的でした。

c0244275_1374348.jpg


これはアズキヤナギ。
冬の日にほわほわ。。。やさしくて美しいです ♪

c0244275_138266.jpg

[PR]
by chai13526 | 2013-01-10 14:34 | 本と映画 | Comments(2)
いつも借ります

 この時期になると図書館から毎年借りてくる本があります。

春咲くかわいらしい様子を本で見ながら、球根を植えます。

c0244275_22353192.jpg

今年はこのハンギングバスケットの愛らしさが目にとまりました。

c0244275_22354845.jpg

かなりたくさんの球根を植え込みます。
エリゲロンも入っています。
球根の花が終わる頃、エリゲロンが咲き出して賑やかに ♪

クロッカスの球根を横に寝かせて植えると、
側面から花がでてくるのだそう。。。いい感じです〜

c0244275_22355942.jpg

ためしてみたいけど、
こんな素敵なバスケットが見つからなくて探し中 !!!c0244275_17345247.jpg





ねこ庭のハンギングから下がるエリゲロン、
ひっそりと咲いていました。
白からこんな色への変化もたのしみです。

c0244275_1710553.jpg

[PR]
by chai13526 | 2012-11-19 22:24 | 本と映画 | Comments(4)
本のこと

 ある本を読みたくて図書館へ行ったのは10月...
市に三冊あるそうですがみんな貸し出し中。
予約したら6人待ちでいつになるのやら、、、

ところが以外と早く連絡が入り借りてきました〜 ♪
私、読み出すととまらない人 ^-^;
徹夜しても読んでしまいます。
そんなに厚くないのであっと言う間に読めました〜

「先生のお庭番」 朝井まかて 著

先生とは (ふぃりっぷ、ふらんつ、ばるたざある、ふぉん、ずぃーぼると)
江戸末期、医学と博物学の振興のため、出島オランダ館に派遣されたシーボルトです。
そしてこの本は、出島にあるシーボルトの薬草園の園丁となった熊吉から見た、シーボルトが描かれています。

c0244275_1115964.jpg

なんとなく知っていたシーボルト事件や、
初めてヨーロッパに送る植物を無事届けるための苦労や努力、とても興味深く、
熊吉の人柄を通じて、著者にも好感が持て、ぜひ他の本も読もうとおもいます。

庭の立ち枯れのアナベルも熊吉の送り出した、
数多い紫陽花の中から品種改良されたものでしょうか。。。

c0244275_13571425.jpg
c0244275_20505230.gif


2002年に佐倉市立美術館でシーボルト・コレクション「日本植物図譜展」を見る機会がありましたが、百何十年も前に描かれた、たくさんの図譜はすばらしいものでした。
十年たった今も深く心にのこり、鑑賞できたことうれしく思っています。
この本にも出てくる紫陽花の絵を見たいと、その時のカタログを調べたのですが、
なぜかありませんでした。
紫陽花の絵は見たような気がするのですが...

シーボルトにとって重要な紫陽花、なぜ図譜展になかったのか不思議です。
今となっては聞きようもありません。
c0244275_20504522.gif
[PR]
by chai13526 | 2012-11-16 14:20 | 本と映画 | Comments(2)



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30