2017年 09月 04日 ( 1 )
本と映画
 
夏休みの読書

「羊と鋼の森」 宮下奈都著
主人公の仕事にかけるひたむきな生き方。。。感動しました。
やりたいことを見つけられなかった自分の人生を、心の底から残念に思います...
いくつになっても遅くはないと言うけれど、
やはりそれなりの心構えと準備がないと歳とってからは難しい。
若い頃出逢いたかった本。

c0244275_1635871.jpg

「凍りついた香り」 小川洋子著
突然自殺した恋人、なぜ?を探しての過去への旅。
たどり着いた美しい街、チエコのプラハでの出来事。
ちょっと不思議でいやされる小川ワールド、好きです♪

c0244275_164636.jpg

「デトロイト美術館の奇跡」 原田マハ著
市の財政難から存続の危機にさらされたデトロイト美術館がいかに守られたかの実話がもとに。
表紙はセザンヌ作「マダム・セザンヌ」
地味なこの絵がたくさんの人に愛され大切にされれていたか。。。
読み終えて温かい気持ちになりました。

c0244275_1641464.jpg

次に借りたのは。。。

c0244275_1642090.jpg

「人の樹」村田喜代子著
樹にまつわる短編集。
村田さんらしいけど3分の2で挫折... ^^;
珍しく最後まで読まないで返しました。

「静かな雨」宮下奈緒著
しっとりと優しい作品でした。
羊と鋼がよかったので他の本も読んで見ようと思います。

「ミーナの行進」小川洋子著
家庭の事情で芦屋の伯母宅へ預けられた中学一年の朋子。
小学生の美しい従妹ミーナや伯母一家と過す一年間の物語。
昔読んだ児童文学のようですが、そこは小川ワールド。。。♪
芦屋の洋館が舞台の素敵な物語です。
本の好きな孫ちゃんたち、小学校の高学年になったら読めるかな〜

c0244275_1642750.jpg


c0244275_1137748.gif


 ポルトガル旅行の往復の機内で見た映画のメモが出てきました。
今更なれど一応記録 ^^;

「お父さんと伊藤さん」上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也。
「君の名は」アニメ。
「四月は君のうそ」山﨑賢人、広瀬すず。
「ボブという名の猫」ストリートキャット、実話。
「インフェルノ 天使と悪魔」トムハンクス。
トムハンクスは好きではないけどなぜかこのシリーズ、はまっています ^^
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」ベネディクト・カンバーバッチ。
「ライオン 25年目のただいま」良かったのに時間がなくて途中まで...


八月の庭はいつもと同じ花ばかり ^^;

c0244275_1643421.jpg

  
 
 
 
.
[PR]
by chai13526 | 2017-09-04 22:51 | 本と映画 | Comments(4)



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30