2017年 06月 09日 ( 1 )
ポルトガル5日目 ***
  
 ついに梅雨入(6/7)ですが、降りそうで降らないちゃま地方。
アジサイもぐったりして庭の水やりが欠かせません。
今夜の満月(ストロベリームーン)も見えています。

c0244275_2235851.jpg


旅行記もなんとか最後までと思いつつ、なかなか進みませんが、
気を取り直して... ^-^;

オドビスからシントラへ
王家の宮殿や貴族の荘園が置かれ文化の中心地として繁栄。
緑の山間に見える豪奢な建物が美しい世界遺産の街です。

c0244275_2334957.jpg

c0244275_7363397.jpg


みどころの王宮(夏の離宮)内部観光は希望者のみなので、
疲れた年寄り夫婦は一時間も広い内部を廻る気力なく、
外でお茶して待ちました... まだ今日は先があるのです。

c0244275_2335629.jpg


ここで飲んだフレッシュなジュースのおいしいこと。
生き返りました。。。

c0244275_2342892.jpg


暑い陽射しで、じゅうぶん堪能出来なくて少し残念なシントラでした。

c0244275_234296.jpg


ずっと以前、沢木耕太郎さんの「深夜特急」を読んで以来、
ポルトガルに行けたらと思っていました。
今はいろいろな旅の仕方でたくさんの方が海外に行かれますが、
アジアから乗り合いバスを乗り継いでロンドンまで行くバックパッカーの旅は、
まだまだ珍しく、ワクワクしながら何度も読み返しました。。。
そして長い旅を続ける意味を失いかけた時たどり着いたポルトガル。
ユーラシア大陸の果ての果ての岬で旅の終わりを決意するのです。
(結局はスペイン・フランス・と乗り継いでロンドンまで到達)
私は今回行くロカ岬と勘違いしてましたが、
実際はもっと下のサグレスという岬でした... ^-^;

ロカ岬
ユーラシア大陸の最西端。
岬の突端に立つ十字架の塔には「ここに地終わり、海始る」と、
ポルトガルの詩人カモンイスの一節が刻まれて。。。

c0244275_2353946.jpg

c0244275_21202092.jpg


遮るものがなにもない広い大西洋。

c0244275_2353123.jpg

c0244275_2354827.jpg


深い海の色です。

c0244275_2352242.jpg


ここでの目的は「最西端到達証明書」のgetと絵はがきを出すこと。
短い時間しかなく汗だくで走り回りました〜 ^-^;
古い飾り文字で名前と日付けを入れロウ印を押してくれる立派な証明書でした。

c0244275_7354651.jpg

c0244275_7355394.jpg


ロカ岬からリスボンへは1時間15分。
一日目のホテルに帰着、長い長い一日が終わりました。
 
 
 
 
 
.
[PR]
by chai13526 | 2017-06-09 22:52 | ポルトガル 2017 | Comments(2)



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526