無料の映画と本
 
 アニメ映画「この世界の片隅に」やっと見てきました。
市の小さなホールでの無料のシネマ鑑賞会。
映画館で見たかったけど行く暇がなくて気になっていたのです。

声だかに反戦を叫ばなくても、じわりと心に沁みる内容でした。。。
おおぜいの若い人の心に、すずちゃんの思いが届いたことでしょう。

c0244275_16272979.jpg

ただ、思ってたより画面が小さく、音は大きいのに声が不明瞭で、
聞き取りにくかったのがすごく残念でした。
やはり映画は映画館で見るのが一番ですね。


図書館の不用本のリサイクルも良く利用しますが、
ここの良いところは図書館の本に加え、家庭で不用になった本が(前日までに)たくさん持ち込まれ、一人18冊まで無料で持ち帰ることが出来るのです。
毎回大盛況。。。
普段買わないけどあるといいな〜と言う本を探すのが楽しみです♪
いろいろ貰ってきました〜

c0244275_214351100.gif

文庫本4冊。
読みたいと思っていた「ブラフマンの埋葬」小川洋子著を見つけました。
泉鏡花賞を受賞した作品です。
他は 「森崎書店の日々」八木沢里志著。「ほんじょの虫干し。」本上まなみ著。
「花のレクイエム」辻 邦生著 1月から12月までの花にまつわる短編集。各月の挿絵は山本容子さんの銅版画。
c0244275_16282229.jpg

森のりすさんの写真集とグリム童話。
c0244275_16282982.jpg

画文集。
c0244275_16283593.jpg

c0244275_16284184.jpg

パンとか、おやつ、ワインにあう料理本etc...
c0244275_16284785.jpg

「横浜・鎌倉のカフェブック」と、「るるぶ 香川」 (今、直島や瀬戸内の島々に興味あり...)も持ち帰りました。

なので今回、図書館で借りたのは一冊だけ。
「海」小川洋子著 短編集。
その中の 'ガイド'という短編が好きでした。。。
題名屋 (お客の記憶に題名をつける仕事)をしている昔詩人だった初老の紳士と、心優しい少年のお話です。

最初から最後まで、まるで上質のイタリア映画を見ているように、
映像が浮かんで来て心に残る作品でした♪

c0244275_16285371.jpg


 
 
 
.
[PR]
by chai13526 | 2017-10-21 14:49 | 本と映画 | Comments(2)
Commented by ミスティーグリーン at 2017-10-22 18:16 x
最近映画みてないな〜 反戦映画といえば、火垂るの墓
あれをテレビでなんかいみて泣いたか、お腹こわした節子が、おはじきをドロップスといってなめる、( 節子ビチビチやねん) なみだがとまりませんでした。
それから食べ物を捨てる時は、せっちゃんごめんね、といっていましたがじかんがたつと、それもうすれてしまっています
にんげんて、つらいことは、うすれていくんですね。

本の無料があるのは羨ましい
わたしの草ときのえほんの作家さんはだれですか?
教えて、

海 もよさそうね。

めだかげんきです。ちいさいめだかがはしりまわっています
Commented by ちゃま at 2017-10-23 01:15 x
ミスティーグリーンさん〜
アニメってあまり見ないけど、息子のすすめでみて来ました。
優しい色彩で淡々と描かれた戦時下の日々。
広島の原爆、終戦、健気に生きて行くすずちゃんの姿。
見終わった後、じわじわと戦争の辛さ哀しさが甦り、
戦争はこんなに残酷なものだと改めて苦しくなりました。
私「火垂るの墓」はつらくて最後まで見れなかった...
最近、世界中不穏な感じで不安になります。
今日は選挙でしたが、世界中が平和になる政治をしてほしい...

本のリサイクル、年に3回あり楽しみにしています。
「草と木の絵本」はミスティーさんが好きだと思い貰って来ましたよ。
今度持って行きます。
<< 台風過ぎて 待ってた晴れの日 >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31