クリスマスの季節に
 
クリスマスの季節になると読み返したくなる童話があります。

c0244275_1633684.jpg

 素敵なお話なので、ご存知の方も多いと思いますが、
それは「子うさぎましろのお話」です。
大人になっても、好きな童話の本を買うことがあり、
結婚前に買ったか子供が生まれて買ったか、
記憶は定かではありませんが、40年は我が家の本棚にあると思います。

c0244275_1935367.jpg


うそをついて、サンタさんからのプレゼントを二回もらった子うさぎのましろ。
分かっていても、優しいサンタさんの対応。。。
反省したましろの賢く愛らしいこと ♡
なにより素敵な樅の林。

c0244275_195273.jpg


うさぎが好きになり、木や森や林が好きになったのは、
この本がきっかけかな〜 ^-^

c0244275_1953523.jpg

心に響くお話の作者は佐々木たづさん。
シンプルで魅力ある挿絵は三好せきやさん。

今日は手持ちのツリーを集めて。。。

c0244275_15332770.jpg

c0244275_15442778.jpg


4才〜とあるので、孫ちゃんとこの本を読むのは来年かな ♪
その時が来るのを楽しみにしています。

c0244275_16374945.jpg


そうそう 「おおきなきがほしい」 もワクワクして好きな童話です。
持ってないので、久しぶりに図書館で借りましょう。
童話を読むとやさしい気持ちになれそうな気がしますが...どう? ^-^;

c0244275_2043054.jpg

[PR]
by chai13526 | 2015-12-06 17:04 | 本と映画 | Comments(4)
Commented by ミスティグリーン at 2015-12-06 20:24 x
大人が読んでも、ホンワカする童話、自分で買った事はなく、貰い物は何冊かあり、子供に毎晩読んでやりました、何回もなんかいも、同じ本を、その本は、はなさきやまでした。
こうさぎましろのお話、大きな木がほしい、はよんだことないけど、ひょうしの絵もいいですね。
私の子供の頃の本の表紙みたいで、なつかしくかんじます
ちなみに、私が子供の頃読んだ童話の中のひとつ、ジャックと豆の木でした。
Commented by ちゃま at 2015-12-06 21:26 x
ミスティグリーンさん〜
花さき山を何度も読んでもらって大きくなった息子さん。
きっと優しい人に成長されたでしょう。
なんだか嬉しいお話です♪

昔は童話の本なんて買ってもらえず、
小学校にあがる前の記憶にあるのは、なぜか小林一茶の伝記 ^-^;
挿絵と一緒に俳句が書かれていました。
「われと来て遊べや親のない雀」
「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」
「やせ蛙まけるな一茶これにあり」なんて句が浮かんでくるよ。
古いよね〜 買ってもらっても嬉しくなかったような...
Commented by ミスティグリーン at 2015-12-07 09:55 x
いいえ、小林一茶の俳句、いまでも忘れないであたまにあるのは、やっぱり、心にのこったからですよ。
国語でならいましたよね。子供ながら、すきでした。

うちの子思いやりのないこに、育ちました。
なにがいけなかったのか 考える事があります
反省するものなのか、子供のもって生まれたものなのか
Commented by ちゃま at 2015-12-07 17:21 x
ミスティグリーンさん〜
心に残ったのは、雀や蛙に自分を重ねてなんだかせつない気持ちになったから。
国語で習ったのは記憶にありません... ^-^;
いろんなこと良く覚えているね〜 さすがです。

思いやりなんて、なかなか親には言わないし見せないのでは。
離れていても、病気の時に一番心配したの息子さんだったと思います。
心配しないで、優しい大人になってるよ。。。

<< 庭も寂しく 種いろいろ >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30