記憶
   
 今回、図書館で見つけた本。

長い間、記憶の底の方で気になっていたのです。
以前読んでいた新聞の短歌の投稿欄で知った公田耕一さん。
住所欄にホームレスと書かれたこの方の歌を目にしたのは、
2008年12月のこと。。。
毎週一番に探してしまうほど心にひびき目が離せませんでした。

 - 柔らかい時計を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ -
 - 温かき缶コーヒーを抱きて寝て覚めれば冷えしコーヒー啜る -
 - 百均の「赤いきつね」と迷いつつ月曜だけ買ふ朝日新聞 -
 - パンのみで生きるにあらず配給のパンのみみにて一日生きる -
 - 胸を病み医療保護受けドヤ街の柩(ひつぎ)のやうな一室に居る -

一年も経たず突如投稿が途絶え、案じる句がいくつか投稿されました。
元気でいてほしい。多くの方の気持ちだったと思います。

新聞を変えて、その後の経過は分からないままでしたが、
見つからないと思いつつ、もしかして別の形でもいい、
この方の短歌を読みたいという期待感でこの本を借りてきました。

ご本人の強い意志が感じられる結果は、やはり...
いつの日か、ホームレスとつかない公田耕一さんの歌も、読みたいと思う一ファンです。

c0244275_23291342.jpg


 すぐ忘れそうな記憶もあります。
画像に残せば忘れないかと ^-^;

夏の朝、その日はなぜか4時すぎに目が覚めました。
外が異様な赤さです...朝日とは違う赤さ!
あ〜朝焼けだ。今日は雨になるのかな。
ぼんやりそんなことを考えながら見た南西の空に、
大きな大きな虹がかかっていました ♪
生まれて初めて見る朝の虹。。。
眠気も吹っ飛び、しばらくながめました。

c0244275_1731152.jpg

                       (7/23 am4:27:20)

 こちらも暑い夏の頃。。。

玄関先を掃除中、息絶えた玉虫を見つけました。
全体が緑色の金属光沢、背中に虹のような赤と緑の縦じまが入る甲虫です。
法隆寺の「玉虫厨子」の装飾に使われたと言う美しい色のヤマトタマムシ。
検索してみると、カミキリと同じで榎や欅の幹に卵を産みつけ、
庭にとっては大敵ですね。
タンスに入れると着物が増えるらしい ^-^
でも虫は苦手...
一度も触らず、息子や孫に見せた後さよならしました。

c0244275_17312067.jpg

 
 
[PR]
by chai13526 | 2015-09-09 18:08 | 本と映画 | Comments(7)
Commented by さくら at 2015-09-10 11:05 x
雨風はいかがでしたか?
お庭は大丈夫? 

綺麗なタマムシ  生きている姿は見たことがない
少ないのでしょうね  ちゃまさんは苦手だけれど、虫も生きる権利あり ^^
だから、なんでも元気でいる 適当に自然に淘汰されつつ。。。
それが理想ですが、人間が増えすぎたのでしょうね
でもそれも天の思し召しかも。。。
計り知れない深遠な命の世界ですね

この方の事知りませんでした
どんなところが胸に響いたのか、教えてください
悲しいところ?  もっと複雑ですねきっと。
ちゃまさんのおかげで、少し読み始めました
秋ですかしら ^^

朝の虹 いいな~  私も見てみたいです 
朝焼けしてて素敵だったでしょうね
ちゃまちゃんが居そう。。。。  ごめんなさい いいかげんかも。。

虫も少なくなるので クモが巣を張っているけど
庭仕事 そろそろ始めたいと思っています
いつも、ブログ見ています

Commented by ミスティーグリーン at 2015-09-10 13:47 x
公田耕一さん案外違う名前で投稿したりしているかも知れないね 朝日新聞買うの句なんかみると 知的な人なんだとおもう この人の事 しらなかった 今 何してるんだろうね
わたしなんか げすの考えで もったいないなーと言ってしまう

玉虫実物は見た事ないような きれいな虫がいるものですね
だいたいきたない虫が多いのに いい事したほうびに神様があたえたのでしょう
わたしも いっぱいいい事したつもりなんだけど 神様はごほうびくれなかった
Commented by alice* at 2015-09-10 17:45 x
こんにちは 見た事のない朝日に染まる虹
ピンクがかった7色のグラデーションがきれいですね。
いつか見たいです。

それから 玉虫。
子供が小さかった頃 明石城公園の石垣に上の
大きくて上が平らな石の上に数匹の玉虫がいました。
子供と甥っ子たちと わぁ~!きれい!! って
みんなで大騒ぎした事 思いだしました。懐かしいです。
虫は苦手だけど それも忘れるくらい輝いた色にびっくりでした(笑)

公田耕一さんのことは 知りませんでしたが
今日 ちゃまさんから教えてもらって
引き込まれるように いろいろ検索しました。
わたしも 読んでみたいと思いました。

ありがとうございました。

Commented by ちゃま at 2015-09-10 22:01 x
メールありがとうございました。

この二日、断続的な大雨が続き、
今朝4時頃から怖いほどの雨音で眠れなくなりました。
音が聞こえないようにずっとテレビを見てました。
ちゃま地方も大雨、土砂災害警報が出てました。
うちの近くは川がなく安心ですが、雑木林の崖くずれは心配かな...
栃木、茨城の大雨特別警報はどんなに怖かったことでしょう。
電柱につかまる男性が助けられた時は、思わず涙でした。
今日は少し気持ちが揺れて、頭がぼーっとしています。
たぶん寝不足 ^-^;
返信は明日にしますね。
Commented by ちゃま at 2015-09-12 00:19 x
さくらさん こんばんは〜
やっとよいお天気がもどってきて少し忙しかったです。
洗濯もお日さまに干すと気持ちが晴れますね。
庭仕事も出来ました。
長くほったらかしなので、まだまだやることはいっぱい !
虫は怖いので余計目につくのかな... ^-^;
今日はホトトギスの花にアゲハ蝶が遊んでいました。

うまく説明出来ませんが、公田耕一さんの短歌を目にしたのは、
バブルがはじけて仕事をなくし、普通の人がホームレスにならなくては生活出来ない時代。
実際に公園や河川敷でたくさんの方を見かけました。
そんな中で日々の食べ物を節約して短歌を投稿し図書館で本を読むという、
この方はどんな人なのかという興味もありましたが、
ホームレスの人がどんな気持ちで日々生きているか、
どんなに過酷な生活かをよんだ短歌に引き込まれたのだと思います。
横浜に住んだことがあるので、野毛山とか長者町など、
知っている地名ガ出てくるのも、身近に感じたのかも知れません。
もう6〜7年も前の記憶なので...

私もブログ見ていますがいつも読み逃げでごめんなさい〜 ^-^;
Commented by ちゃい at 2015-09-12 00:44 x
ミスティーさん〜
古い話で恐縮です... ^-^;
あの頃、新聞社も探したりして少し話題になりました。
この本を読むと多分元気で暮らされているらしいです。
この方の短歌もっと読みたかったです。
自分は作れないけど投稿欄を読むのは好きです。
猫好きの友人は投稿欄から猫の短歌や俳句を書き出して、
見せてくれました。
そんな見方もあるんですね。。。

何千年も前、玉虫の厨子に使われた翅の色。
今回二度目の遭遇です。
実物はもっと美しいですよ。
神様のご褒美、きっとこれからですよ ♪
Commented by ちゃま at 2015-09-12 12:09 x
alice*さん~
昨夜は時間ぎれで... <(_ _;)>

虹って朝も出るんですね~知らなかったのでびっくりしましたよ。
どなたか見てるかな~って思ったけど、時間が早すぎですね。
いつも朝寝坊の私が見れるなんて奇跡です ^-^/

玉虫色。
実物はもっと美しいですよね。
たくさんいたんですか? 
それは子供たち大喜びだったでしょう、目に浮かぶようです ^-^
alice*さんも虫が苦手...私だけでなくてちょっとうれしいかも ♪

ホームレス歌人 公田耕一さん。
この本を読んでもう終りがいいのだと納得しました。
同じ頃、アメリカから郷隼人という人の投稿もありました。
終身刑で獄中からの投稿はずしりと重いものでした。
短歌や俳句、しりとりも人の心に響きます。。。
<< 無花果 秋雨前線 >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30