本のこと

 ある本を読みたくて図書館へ行ったのは10月...
市に三冊あるそうですがみんな貸し出し中。
予約したら6人待ちでいつになるのやら、、、

ところが以外と早く連絡が入り借りてきました〜 ♪
私、読み出すととまらない人 ^-^;
徹夜しても読んでしまいます。
そんなに厚くないのであっと言う間に読めました〜

「先生のお庭番」 朝井まかて 著

先生とは (ふぃりっぷ、ふらんつ、ばるたざある、ふぉん、ずぃーぼると)
江戸末期、医学と博物学の振興のため、出島オランダ館に派遣されたシーボルトです。
そしてこの本は、出島にあるシーボルトの薬草園の園丁となった熊吉から見た、シーボルトが描かれています。

c0244275_1115964.jpg

なんとなく知っていたシーボルト事件や、
初めてヨーロッパに送る植物を無事届けるための苦労や努力、とても興味深く、
熊吉の人柄を通じて、著者にも好感が持て、ぜひ他の本も読もうとおもいます。

庭の立ち枯れのアナベルも熊吉の送り出した、
数多い紫陽花の中から品種改良されたものでしょうか。。。

c0244275_13571425.jpg
c0244275_20505230.gif


2002年に佐倉市立美術館でシーボルト・コレクション「日本植物図譜展」を見る機会がありましたが、百何十年も前に描かれた、たくさんの図譜はすばらしいものでした。
十年たった今も深く心にのこり、鑑賞できたことうれしく思っています。
この本にも出てくる紫陽花の絵を見たいと、その時のカタログを調べたのですが、
なぜかありませんでした。
紫陽花の絵は見たような気がするのですが...

シーボルトにとって重要な紫陽花、なぜ図譜展になかったのか不思議です。
今となっては聞きようもありません。
c0244275_20504522.gif
[PR]
by chai13526 | 2012-11-16 14:20 | 本と映画 | Comments(2)
Commented by ミスティーグリーン at 2012-11-16 19:08 x
長崎と佐倉は医学の面で縁があるみたいね

紫陽花の事を おたくさ と言っていたことから おたきさんになったらしいね
シーボルトの奥さんの名前
違ったかな?
最近 本読んでないな~
読みたいの有るけど
今 無理
時間出来たらゆっくり読むとします
よさそうなの教えてね


シブガキ上手く出来て よかったね
お正月までおあずけしたら
Commented by ちゃま at 2012-11-16 23:43 x
ミスティーさん
佐倉はオランダとも縁が深く、
国際交流がさかんでいろいろな行事があるようです。
お滝さんの名前からオタクサと学名をつけるなんてね〜 ^-^
この本お薦めですよ〜
著者の他の本も興味あるのでトライしてみます。
今読もうとしているのは「永遠の0」厚い本なので読めると良いけど...
面白かったらお知らせします。

柿おいしいよ〜
送ってあげたいけど少し柔らかくて、
冷蔵庫から出すと黴びそうなので送れません...
温暖化のせいか、干し柿つくりも難しい事になってきました〜
<< フリマ出店 出来ました ♪ >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30