ばら花譜 2012

昨日は楽しい美術館に行きました〜
その話は後ほどにして。。。
この前の日曜日に出かけた美術館を先に紹介させて下さい。

ばら花譜 2012 という小さな々展覧会。
バラ研究の基本図書「ばら花譜」の原画展です。
描かれたのは二口善雄氏。
日本のボタニカルアートの草分け的存在の方で、
文部省の理科図集など、多くの植物画を手がけた方だそうです。
(パンフレットより)
c0244275_21134012.jpg

今回は国際へリテージローズ会議が開かれている佐倉市にある
「草笛の丘バラ園」に植えられている品種を中心にした、
無料の小さな原画展でした。

心に残ったのはサンショウバラの絵。
実も素敵です。
多分原寸大で描かれているのではないかと思います。
c0244275_21154583.jpg

早々と見終わったお抱え運転手さん、
待ちくたびれてお疲れのよう ^-^
c0244275_21171523.jpg

c0244275_131445100.gif

小さな市の美術館は大正時代の銀行の建物が、
エントランスホールとして使われています。
千葉県指定の有形文化財です。
c0244275_21162058.jpg

ロビーにあるおしゃれとはいえないカフェ。。。
でもランチがおいしいです ♪
玄関の上の方は現在修復中かな ?
c0244275_2116623.jpg

過去にも、シーボルト・コレクション「日本植物図譜展」
     神坂雪佳 琳派の継承
     グレー村の画家達
     最近は昨秋に行った南桂子展etc...見応えありました。

ちょっとレトロな佐倉の町にある、のんびり静かな美術館。
目が離せない美術館なのです〜
[PR]
by chai13526 | 2012-06-09 18:11 | おでかけ | Comments(2)
Commented by luna at 2012-06-12 03:06 x
ちゃまさん、こんばんは♪

過去にシーボルトコレクション?
植物図譜はどなたによるものなのでしょう?シーボルトご自身?

日曜日に森を散策したときに大きなつつじを見かけました。
ずいぶん古いつつじだと思いましたがこれはシーボルトのお陰ですよと
主人に教えてあげました。
日本原産のものがヨーロッパにあるのはシーボルトのお陰。
つつじはこちらでもどこにでも見られるので、ヨーロッパに昔から
あったものだと思われがちです。
日本の草花に魅了されどうしても持ち帰りたかったんでしょうね。

Commented by ちゃま at 2012-06-12 16:04 x
lunaさんこんにちは〜
今日は朝かららっきょうを漬けたり、紫蘇ジュースを作っていました。
赤紫蘇、昨年は原発の影響か手に入らず、やっと作れました ♪
夏がうれしいです。。。

シーボルト・コレクション展は2002年、
もう10年も前になりますが、見応えがあったので今でもわくわくします。
ずっしりと重いその時買ったカタログ (高かった ^-^:) は、大切な宝物です。
このコレクションは、江戸末期に日本の何人かの絵師に描かせ、
彼の著書「日本植物誌(フローラ・ヤポニカ)」のもとになったもので約1000枚あるそうです。
一部だったとは思いますが、かなりな作品を見ることが出来ました。
今はロシア科学アカデミーが購入し、サンクト・ペテルブルク植物園の所蔵らしいです。
イバラ(野イバラ)やシモツケ、黒ユリなどとっても素敵Uな画です。


<< 梅雨突入 処分品のその後 >>



ねこ庭で見つけた、小さな季節のかけらを風にのせて。。。
by chai13526
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31